【セブ島の経験談】セブのクラブパンプに入り浸る

3人目との彼女と別れ、韓国人に大人気のPUMPというクラブに入り浸るようになっていきました。

彼女と別れた原因はこちら
https://nakatetsu.xyz/chase/

スポンサーリンク

【セブ島の経験談】セブのクラブパンプに入り浸る

家から徒歩15分くらいと近く、今では考えられないくらいに安く飲めるクラブだったんですよね。
しかも、客の大半がフィリピン人と韓国人なので、日本人好みの女の子が多く集まっていたクラブです。

PUMP(パンプ)

セブ島のクラブパンプ

セブ島のクラブパンプ

まず、2011年の価格にびっくりすると思います。

瓶ビール約300mlが30ペソ(60円)くらい、韓国の焼酎360mlが100ペソ(200円)くらい、テキーラ750mlが400ペソくらい(800円)という今では考えられない安さ。

クラブ内でオーダーしてこの値段設定ですからね、10年前は現在の1/2 ~1/3くらいの価格でした。

クラブで女友達ができる

語学学校時代の韓国人のつながりでパンプの常連の女友達ができ、さらに楽しさが増していきました。

セブ島のクラブパンプ

セブ島のクラブパンプ

 

一番右の子と最初に友達になったのですが、日本人と結婚して現在日本にいるため顔を隠させてもらいます。

この子自体は常連ではありませんでしたが、常連の友人が多くいたためみんなで一緒に飲むようになっていきました。

別れたばかりで非常に退屈していたので、彼女達にはかなり楽しませてもらいました。

向こうからすればただの財布的な感じだったかもしれませんが、500~1000ペソ(1000~2000円)くらいしか飲み代でかかっていなかったので十分楽しめていたと思います。

次へ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました