フィリピン入国で起きたホテルトラブル(2022年4月8日フィリピン入国)

スポンサーリンク

2022年4月8日に羽田→マニラ→ダバオという流れでフィリピン入国をしたわけですが、入国に関するトラブル以外にも予期せぬトラブルに見舞われました。

それは、フィリピン入国後に滞在する予定のホテルに関してになります。

フィリピン入国に関しての記事はこちら

フィリピンに入国しました(2022年4月8日)
フィリピンに入国しました(2022年4月8日)の記事です。
スポンサーリンク

フィリピン入国で起きたホテルトラブル(2022年4月8日フィリピン入国)

ホテルの予約

ホテルの予約はアゴダを利用することが多いのですが、予約自体はコロナ以前のように問題なく予約することができました。

が、予約が完了し、予約完了メールを受け取ったときに問題が発覚しました。
それは、ホテルの予約先からの以下の自動メールに記載があります。

Thank you for choosing RedDoorz to be the place for your staycations and travel vacations! For
that, we would like to officially welcome you to our hotel!

More than anything, we wish for you to have a wonderful and worry-free stay with us. To make
this possible, here are the property guidelines you may need to comply with before checking-in:

Property Guidelines:

The hotel establishment will only allow and accept the following types of guests:

1. Foreign guests who had existing bookings
2. BPO employees
3. Distressed OFWs
4. Repatriated OFWs in compliance with quarantine protocols
5. Foreign guests staying in the Philippines
6. Stranded passengers
7. Government employees
8. Locally stranded individuals
9. 1 person only per room
10. Non-OFWs who may be required to undergo mandatory facility-based quarantine
11. Below 18 years old and 60 years old and above are not allowed to check-in
12. Those who have a fever and flu-like symptoms will not be allowed to enter the
establishment

Below are the requirements you need to prepare prior to check-in date:

1. Accomplished Complete Health Declaration Form that can be found at the hotel
2. Valid ID
3. Valid Medical Certificate & Negative RT-PCR Test dated within 72 hours of arrival
4. Travel Authority from Philippine National Police
5. Quarantine Certificate/Certificate/Pass
6. Certificate of Acceptance from the Barangay or Local Government Unit
7. A refundable security deposit might be required upon check-in amounting to a one-night
room charge or a maximum of Php 1,500. However, the total amount may vary
depending on the property policy. This security deposit is fully refundable and is subject
to damage inspection by the property.
8. We are a completely non-smoking property. Please be advised that penalty charges may
apply depending on property policy.
9. All requests, including parking, early check-in/late check-out, bed configuration are
subject to availability and additional fees may apply.
10. Visitors are not allowed.

Should you have any concerns regarding these policies, you may reach out to our Customer

問題となりそうな部分を赤色に変更しました。

内容としては、1部屋につき1人だけ、チェックインするために各書類が必要ということなのですが、入国後にこんな書類を取ることはまず不可能。
そうなってしまうと、到着当日は滞在できる場所すらなくなってしまいますよね。

問い合わせ

問い合わせは、アゴダに電話orメール、又は予約したホテルに電話orメールをする必要があります。

アゴダへの電話を試みましたが、全くつながらない。
仕方なく、ホテルの担当者と英語でメールのやり取りをして、この自動返信メールの内容が、規制が厳しかった頃の以前の情報だったということが分かりました。

今現在のダバオは規制が緩和されているため、このホテルでは以下のようになっているそうです。

For fully vaccinated guests:

  1. COVID-19 vaccination card or certificate duly issued by legitimate vaccination authorities such as the DOH, DICT and any qualified national or foreign government agency.
  2. Accomplished Complete Health Declaration Form that can be found at the hotel.
  3. 3. 1 valid ID.

まとめ

ホテル予約時には、チェックイン時に必要な書類があるのかどうか、何が必要なのか、必ず確認をしてから予約するようにしましょう。

今現在私の滞在しているホテルは規制緩和で最小限の内容でチェックインすることができておりますが、ダバオ市内の他のホテルだと内容が変わるかもしれません。

フィリピン入国時の手続き書類にばかり注意をされがちですが、滞在先がホテルの場合はチェックイン条件にも注意する必要があるということです。

ホテル関係は、これからも注意が必要

フィリピン入国の条件が今現在の条件のまま当分継続されるような気がしますが、各地域の規制は変動する可能性があります。

もし、滞在予定先ホテルの地域の規制が強化されてしまうと、必要書類等で滞在することが困難になってしまうなんてことも十分考えられます。

これからフィリピン入国を検討される方は、ホテル関係にもご注意ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました