【セブ島の経験談】追われる側から追う側に

前々回の記事で返信が不定期になってきたと書きましたが、付き合って1か月経つころには週1回会うか会わないかというレベルにまでに会う頻度が減少していきました。

その記事はこちら
https://nakatetsu.xyz/request/

スポンサーリンク

【セブ島の経験談】追われる側から追う側に

付き合うまでは追われる側だった関係が、付き合ってからは彼女にハマってしまい立場が逆転、返信が減るにつれ余計に追うことに拍車がかかっていきました。

完全に『Too much love will kill you』状態。

この『Too much love will kill you』という言葉、フィリピン人にウケるのでタイミングがあれば言ってみてください。

全く連絡が無くなる

付き合ってから1か月半くらい経つ頃にはもう全く連絡が無くなってしまいました。

返信が無い事にストレスを感じるようになってしまったので電話番号を消した数日後、最後となる連絡が来ました。

最後の連絡

焦った口調で久しぶりの連絡が届きました。

内容は、

子供ができたかもしれない・・・

ずっと一緒にいられると少し喜んだ自分がいました。

アホすぎです。

持っていたiPodのアカウント名が日本人だったりと、薄々違和感を感じていましたがもうハマりすぎていて周りが見えなくなっていたんだと思います。

妊娠についての相談

知り合いの日本人の人に相談をしていて返信が遅れると、『You are monster』などの罵詈雑言のSMSが大量に届き、

もし妊娠していたらどうする?

結婚しよう

どこに住むの?

とりあえずうちに住めばいいんじゃない?

将来的に家は?車は?

日本に連れて行くよ。

日本に連れていくといっても喜んでいる雰囲気が全く無し、普通なら日本に行けると喜ぶはずなのに。

このようなやり取りをしたのを今でもはっきりと覚えているのですが、話している内容がおかしすぎますよね。

これでもし結婚なんてしていたら・・・今頃どうなっていたか考えるだけで恐ろしいです。

妊娠の有無

結果的に妊娠はしていませんでした。

妊娠検査薬の結果を見て

『よかったね!』

の一言でお互い帰宅。

呆れるほどに面白い最後になりました。

この子のおかげで『フィリピーナは信用してはいけない』という思えるきっかけができた良くも悪くも苦い経験でした。

まぁこの後から女遊びが加速していくことになるんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました