フィリピーナ彼女の見極め方

セブで8年住んだ経験から、どのような有益な情報が発信できるかと考えた時に思いつくことがこれでした。笑
今現在フィリピン人の彼女がいる方が、この記事に記載されていることに当てはまった場合、もしかしたらあなたの彼女はいい子ではないかもしれません。
あくまで私の経験からの判断基準となっているため、当てはまっているからといって必ずしも悪い子と断定できるわけではないので予めご了承ください。

前提としてこういう子を探している場合です。
1. スレてない(男の経験が豊富で男に対して知恵をつけていない女性)
2. 外国人の知り合いがいない⇒外国人に染まっていないのでスレていない
3. フィリピン人の彼氏がいない⇒恋愛トラブルに巻き込まれない
4. 金銭感覚がフィリピン人⇒外国人と知り合うと金銭感覚が崩れていく
5. 財布にならない(いいように奢らされない)
スポンサーリンク

フィリピーナ彼女の見極め方

フィリピン人の彼女ができた場合、私の場合は以下のポイントからこの子がどのような子かを判断しています。

Facebookフェイスブック

フェイスブックに関することであなたと彼女の交際が真剣かどうか簡単に分かります。
というのも、フィリピン人なら100%使用していると言っても過言ではないフェイスブック、彼らのフェイスブックには彼らの日常のすべてが詰め込まれているからです。
そのため、万が一あなたが彼女のフェイスブックについて認知していない場合、非常に怪しいです。

☑信用できる子のポイント

・自分のフェイスブックアカウントを普通に教えてくれる

・彼女の家族が含まれているフェイスブックのアカウントに自分を追加してくれている
⇒あなたへの本気度がここに現れます。

・自分と一緒に移っている写真を投稿してくれている
⇒あなたと真剣に付き合っているのであれば、あなたの写真を必ず投稿しているはずです。

☑注意点

・彼女がフェイスブックのアカウントを複数所持している
⇒家族、友人用のアカウント、他の人用のアカウントを使い分けている可能性があります。メインのアカウントに本命のフィリピン人彼氏がいるかもしれませんね。

・彼女のフェイスブックの名前が日本人名、日本語、韓国語などの場合です。
⇒日本語、韓国語を理解できる人の8割は悪い奴だと疑ったほうが良いです。

・彼女のフェイスブックの友達欄に外国人がたくさんいる
⇒外国人との結婚に憧れている子がたくさんいますので、あなたの知らないところで他の外国人と連絡を取り合っていることが普通にあります。
フィリピン人と知り合いたい外国人⇔外国人と知り合いたいフィリピン人をつなげるフェイスブックグループがたくさん存在しますので、簡単に外国人と知り合うことができます。外国人の友達が多い人ほど、一般的なフィリピン人の感覚がなくなっているので、金銭感覚が少しずれていたりします。

お金を無心してこない

普通に仕事をしていても家族の環境でお金の無い子がたくさんいるのが現状ですが、普通の子であれば、お金を借りる=恥ずかしいという感覚になります。
緊急事態であれば、お金を貸してほしいと頼んでくる普通の子もいるかもしれませんが、恥じらいもなくお金を無心してくる子は普通じゃありません。

2人きりで会ってくれない

慣れるまでは恥ずかしいので友達も含めて一緒に会いたいというのが普通のフィリピン人ですが、何度も何度も友達を含めて会いたいという子は、ただ単に奢ってもらいたいだけに利用されているだけかもしれません。

韓国語、日本語を話せる子には注意

韓国語、日本語を話せる子にいい子は少ないです。
話せる子は、韓国人、日本人に知り合いがいる可能性が上がり、スレている可能性が高いので私は関わりません。

特定の携帯アプリが入っている子には注意

LINE、Kakao talk、Viber等の通話アプリ

フィリピン人は基本的にFacebookのMessangerアプリを使用して連絡を取り合っています。
そのため、これらのアプリはフィリピンでほとんど普及していません。
これらのアプリを使用している=外国人とのやり取りのために使用していると考えてよいと思います。

ビサヤ、タガログ語などのフィリピン言語を話して相手の反応を見る

フィリピンの言語を話してみて、嫌な顔をする子は警戒したほうがいいです。
現地語が理解できる=相手に不都合なことがある。ということになります。
現地語を話して楽しんでくれる、喜んでくれる子はいい子の確率が非常に高いですね。

まとめ

単る遊びだったらスレていてもかわいい子のほうがいいですよね。そんな方は気にする必要はありません。

どうせならいい子と楽しんで喜んでくれたほうが自分自身も楽しめますよ。

スレた女に騙されないよう気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました